毛玉/からみ/フエルト状態になっているワンちゃんに対してのKiKiの考え方

 「毛玉/からみ」は人間の場合で例えますと「髪の毛先にかたくなったガムが張り付いた状態」です。人間もその状態でクシやブラシでとかしたら痛いはずです。ブラシで毛を引っ張られてもワンちゃんは長時間我慢しています。トリマーに対して攻撃できる牙があるのに痛くてもじっと耐えています。ワンちゃんが疲れきって帰宅後に具合が悪くなることもあります。また、施術中における「すり傷、ケガ」は毛玉やからみを処理しているときに起こるケースが大半を占めています。
 仮に、「毛玉/からみ」を時間をかけてきれいに取ってフワフワな仕上がりにして飼い主さんが「うわぁ〜!かわいい〜!」と喜ばれても、ワンちゃんがペットサロンに来るたびに「毛玉/からみ」取りで苦痛を感じるのであれば、それはワンちゃんにとってとても不幸なことです。また、ペットサロンが嫌な場所になってしまいます。

 このようなワンちゃんに対する「不必要な痛み、怪我、不快感を与える施術」を避けるために、KiKiでは「毛玉/からみ/フエルト状態のからみ」は鋏やバリカンで手早く処理しております。ワンちゃんとの信頼関係を大事にするためでもあります。

ブラシでとれない「からみ/毛玉」は鋏、バリカンで処理するため部分的に短くなりますが、なるべく目立ないように仕上げております。

全身(顔面・頭部・耳を含む)が「からみ/毛玉」でおおわれ、フエルト状態になっているワンちゃんの場合は季節を問わず、1p〜2p残しの仕上がりになる可能性があります。予めご了承をお願い致します。

短くしたことでお腹を壊してしまうかもしれませんが、薬を飲めば治ります。でも何も悪いことしてないのに痛い思いをさせられて傷ついてしまったワンちゃんの心は治りません。

 

▲ このページの先頭に戻る