ブラッシングの目的

 ブラッシングの目的は、毛玉やもつれをときほぐし、犬の皮膚の血行をよくすることです。また、皮膚を間近で見ることができるため、ノミやダニ、しこり、腫瘍、皮膚病などの早期発見をすることができます。

スリッカーの種類

 ブラッシングをするときには「スリッカー」という道具を使います。スリッカーには「ソフト」と「ハード」の2種類あります。ご家庭でブラッシングをされる場合はソフトを使用されることをおすすめします。なぜかというと、ハードはソフトに比べてピンが固く、毛玉をやもつれをとる時に効果的ですが、ブラシの角度や力加減に慣れていない場合は皮膚にダメージを与える可能性があるからです。

毛を長めに残しているカット犬種、毛が長く抜け毛の多い犬種のブラッシングのコツ

【1】順番を決める

 ブラッシングのコツは「A−B−C−D−E・・・・」というように、順番を決めて点と点を結ぶように徐々にブラッシングします。これが「A−D−F−X−G・・・・」というように、順番を決めずにあっちこっちとかしていると、とかせている部分ととかせていない部分のムラができます。これではブラッシングの効果が期待できません。

【2】中の毛をブラッシング

 毛を持ち上げて「中の毛」が見える状態にし、毛先から根元に向かって徐々にブラッシングします。

【3】コーミングをする

 クシを使って毛をとかします。この作業をコーミングといいます。コーミングもブラッシングと同じように毛を持ち上げて、中の毛をとかします。このときクシがひっかかるようでしたら再度ブラッシングをします。

写真でわかる!ブラッシングの基本フォーム!

01

図01)スリッカーの持ち方は鉛筆をもつような感じで根元を持ちます。もつれている毛に引っかかったり、ご愛犬が動いたときに、手元からスリッカーが「ポロッ」と落ちるくらいの軽い力で持ちます。

図02)犬の皮膚に直接スリッカーのピンが当たらないように「小指 薬指 中指」を裏面のピンに軽く添えてクッションの役割を作ります。これがブラッシングの基本フォームです。

04


図03)この持ち方は皮膚を傷つける可能性があるためおすすめできません。加えて、必要以上の力がスリッカーのピンにかかるためスリッカーの劣化が早くなります。ただし、手首が返らないやりにくい部分などはこのフォームを使ってとかします(力加減に注意して下さい)。

図04)赤く囲った部分を使ってブラッシングをします。腕の力を使わずに、手首を回転させるようにして「サッ! サッ!」とリズムよく毛をとかすのがポイントです。

劣化したスリッカーのピン

05 06

スリッカーは消耗品です。使い続けているとピンが劣化し、「く」の字だったはずのピンが(図05)のようにまっすぐになってきます。この劣化した状態で使い続けると、皮膚を傷つける可能性があり危険です。劣化したピンの状態に気がついたら(図06)のようにペンチを使って取り除くか、買い換えて下さい。

その他

 目のまわりのブラッシングは、スリッカーのピンが目に刺さる危険があるので無理をしないで下さい。

 耳の付け根、耳のふち、脇の下、陰部の周りなどに、大きなマット状のからみや毛玉ができてしまった場合は無理をして鋏で切りとらないで下さい。怪我をさせてしまうこともあるため危険です。

▲ このページの先頭に戻る