もつれ、毛玉、からみ、フエルトの区別

  もつれ…毛玉、からみになる初期の段階。毛同士が細い束になっている状態で す。この段階でしたらブラッシングをすれば簡単にもつれをとくことができます。
 毛玉…部分的に毛が固まって「コロコロ」と玉になっている状態。
 からみ…部分的に「ペタ〜」っと毛が皮膚に張りつき固まり、皮膚と毛の間に隙間がない状態です。
 フエルト…からみが悪化し、広範囲にできている状態です。

 ブラッシングは、目に見えている表面の毛よりも、毛の根元をしっかりとかします。片手で毛をかき分けて、毛先から毛の根元に向かって徐々にとかすのがポイントです。

下記の図は、「からみ、フエルト」を横から見た図です。

 青く塗りつぶしてある部分が「からみ」です。

からみ、フエルト状態の毛では、長く残せない理由

 

 

▲ このページの先頭に戻る